NEWS

「VIRTUAL COMPANY TRADE FAIR 2013」にて、「eコマース研究I・II」の受講生が特別賞を受賞しました!

11月23日(土)に開催された「VIRTUAL COMPANY TRADE FAIR 2013」にて、
eコマース研究I・II(関口英里准教授)の受講生が特別賞を受賞しました。

特別賞受賞
株式会社ACT(代表:千原萌映子)
商品名「えびいもかりんとう」
http://www-im.dwc.doshisha.ac.jp/~active-try/

vctf2013

代表コメント
eコマース研究を受講している学生が授業の一環として架空会社を立ち上げ、実際の企業と提携し、商品開発を行いました。その中の一つである株式会社アクト(仮想企業)では、地産地消をコンセプトとしています。
我が社の理念に沿って、京田辺市の特産品であるえびいもを使用した商品「えびいもかりんとう」を開発しました。
この商品は、甘さが控えめで、持ちやすいよう通常より長めに作られており、歯ごたえがあるという特徴があります。
11月には実際に一般の方に購入、評価していただける場であるトレードフェアが京都大学で行われました。トレードフェアでは、えびいもかりんとうを250円で販売し、完売させることができました。
そして、野菜であるえびいもをお菓子であるかりんとうにするという新たな試みと社員の熱意が評価され、特別賞を受賞することができました。
この受賞を糧に、株式会社アクトらしい熱意と行動力をもって今後も活動していきたいと思います。

バーチャル・カンパニーについて
 本事業は、国際化・情報化時代に対応するアントレプレナーシップ(起業家精神)あふれる人材育成 を行い、かつ「Think Globally, Act Locally」の理念で、若い人達が身近な社会的課題を認識し、地域の大人 達を巻き込んで解決策を提案・実践していく教育活動を推進するものです。
参加する小学生から大学生の若者たちは、環境、福祉、地域活性化などの課題解決に、事業を通じて 取り組む為に、仮想企業(バーチャル・カンパニー)を設立し、地域の支援企業と一緒に活動を行います。   「トレードフェア」では、参加者達がそれらの事業アイデアを持ち寄り、実際に開発した製品や サービスなど展示販売しながら、異学年や他地域の生徒・学生達・企業人等と交流します。
  また、この仮想企業の経営教育プログラムである「バーチャル・カンパニー」 は、国際的組織 International Partnership Network(IPN) が開催する2010年の国際会議でDeveloping Skills of the Future Workforce 部門にてGlobal Best Award(GBA) の特別賞を受賞しており、本年度も約100カ国以上の若者が参画する世界的アントレプレナーシップの推進運動で ある Global Entrepreneurship Weekに参画しています。
http://www.entreplanet.org/TF/2013/

NEWS ARCHIVE

学生活動

EVENT TOPICS

関口ゼミ産学連携ブライダルプロジェクト発表会「一期一会図―京の琳派ブーケプルズ―」

映像ワークショップ(『情報メディア基礎演習』受講者対象)

京都細見美術館館長 細見良行氏講演会 『琳派 ―麗しき日本の美―』

映像制作ワークショップまつり

第2回情報メディア学科 ライティングコンテスト