早川貴泰+松本祐一 日本の今更展

カテゴリー
作品展示
開催日時
2006年10月31日 ー 2006年11月6日
場所
mscギャラリー 知徳館 1F C163
出展者
早川 貴泰+松本 祐一

REPORT

日本語と音楽の関係を考えてる松本祐一氏と、日本の神々をモチーフにアニメーションを展開する早川貴泰氏の二人の作家による展示「日本の今更」。二人に共通するのは「日本的」な要素と、それをもとに作品を「生成」する独自の方法論を持つこと。
松本祐一氏は、日本国憲法第9条に関するアンケートを集め、そこに書かれた日本語の文章をもとに音楽を生成するインスタレーションを展示する。
早川貴泰氏は、日本の八百万の神々を現す言葉「可畏キモノ」をキーワードに、手描きアニメーションからさらにアニメーションを生成する作品「KASHIKOKIMONO」他二作品を上映する。

  • LINEで送る

ARCHIVE MENU

2017年度のイベント・レポートは
学科イベント」でご覧いただけます。

ARCHIVE TOPICS

ARCHIVES

佐藤優氏講演会「世界情勢を読み解く ー 同志社で学ぶ君たちへ」