感性のレッスン I-II La Leçon Sensitive I-II / Jean-Louis Boissier

カテゴリー
作品展示
開催日時
2007年6月11日 – 7月27日
場所
mscギャラリー 知徳館 1F C163
出展者
ジャン=ルイ・ボワシエ

REPORT

感性のレッスンI
「終わりのないアルバム」「めだま」「押し花」
感性のレッスンII
「必要な変更を施して」「プチ・マニュアル・インタラクティヴ」「ジャン・ジャック・ルソーの時」

ジャン=ルイ・ボワシエ/パリ第8 大学教授(美学)。シレン研究所(パリ第8 大学)、インタラクティヴ研究アトリエ(国立高等装飾芸術学校)、高等応用芸術学校(ジュネーヴ)の研究ディレクター。数学と物理学を学んだのち写真や実験映画、インスタレーションを制作する。1969 年からパリ第8 大学造形芸術学部(ヴァンセンヌ、後にサン=ドゥニ)の創設に参加。1980 年代初頭からインタラクティヴ・アートの先駆者としてアーティスト、研究者、展覧会キュレーターとしての活動をおこなう。

  • LINEで送る