結城円氏講演会『Imaging Catastrophe: 「フクシマ」を捉えた写真の可視性、不可視性』

結城円氏講演会『Imaging Catastrophe: 「フクシマ」を捉えた写真の可視性、不可視性』

2018年度 第1回 メディア創造学科講演会
『Imaging Catastrophe: 「フクシマ」を捉えた写真の可視性、不可視性』

本講演会では、ドイツと日本の震災を取り巻く状況の比較から、
情報伝達における写真の役割・機能について考察を試みたいと思う。

その中でも特に、アート分野で震災をテーマにした写真作品が
どのようなコンテクストで発表され、受容されているのかについて、
日独の比較から、写真の可視性・不可視性に焦点を当てる。

アート分野でドキュメンタリー的要素を持った写真が受容されることにより
可視化されるものとは何なのか?
不可視のままの要素とは何なのであろうか?

カテゴリー
講演会
講師
結城円氏
開催日時
2018年6月1日(金) 16:30〜17:30
場所
同志社女子大学 京田辺キャンパス 聡恵館ラーニングコモンズ・イベントエリア
参加対象
同志社女子大学在学生および一般
申込み
不要、入場料無料
お問い合わせ
同志社女子大学 メディア創造学科 事務室
TEL:0774-65-8635

講師プロフィール 結城円氏

写真研究者。1976年米国サンタモニカ生まれ。2010年ドイツ・デュースブルク=エッセン大学芸術・デザイン学科写真史・写真論講座にて博士号取得。2011年から2013年までAlfried Krupp von Bohlen und Halbach財団「写真専門美術館キュレータープログラム」キュレイトリアル・フェローとしてフォルクヴァング美術館、ミュンヘン市博物館、ドレスデン国立美術館、ゲッティ・リサーチ・インスティテュートに勤務。2013年から2016年までデュースブルク=エッセン大学芸術・芸術学学科講師。現在、展示カタログなどの執筆のほか、ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン、エッセン大学で教鞭をとる。

  • LINEで送る