大衆向けのレタリング ワークショップ Lettering for the masses

例えばスーパーマーケットでは、面白いレタリングを度々目にします。そういった場所で見かける手書きの文字には自由があります。
このワークショップでは、タイポグラフィとレタリングを研究・実践します。
「レタリングとタイポグラフィがブランドの成功または失敗にどのように影響するか」を話し合った後、欧文文字のレタリング–リガチャ(合字)、スワッシュ文字の線のデコレーション)、インクやパス(ベジェ曲線)など–を実際に体験します。自由な発想のもと、文字表現に挑戦してください。

カテゴリー
ワークショップ
講師
アレハンドロ・ポール氏
通訳・サポート
髙木 毬子(メディア創造学科准教授)
開催日時
2018年4月8日(日)10:00〜17:00
対象
情報メディア学科在学生・情報文化専攻在学生
定員
25人(先着)
場所
同志社女子大学 京田辺キャンパス知徳館3号棟1F C131教室
持ち物
昼食、鉛筆、 消しゴム、 好きなレタリングのサンプル、 貸与PC、 お気に入りの筆記用具(絵の具、サインペンなど)
申込〆切
2018年2月22日(木) 17:00
申込受付
お問い合わせ
情報メディア学科事務室(C206)
Tel:0774-65-8635

プロフィール Alejandro Paul(アレハンドロ・ポール)

アルゼンチン出身。グラフィックデザイナー/書体デザイナー、アートディレクター。
アートディレクターとしてProcter&Gamble、SC Johnson、Danoneなどの著名企業のブランドデザインを担当したのち、タイプファウンダリー「Sudtipos」を設立、運営。
タイポデザイナーとして「Piel Script」をはじめ、書体デザインを多く作成し、国際的なデザインコンクールでの受賞多数。また、ブエノス・アイレス大学大学院においてタイポグラフィに関する授業を担当している他、各国でのワークショップ、カンファレンス講演など国際的な活動を数々行っている。
https://www.myfonts.com/person/Alejandro_Paul/

  • LINEで送る